ホワイトニングしてみたい…

生活習慣の中での歯の変色

ホワイトニングをする方が増えていますが、
生活習慣の中での歯の変色はとても気になるものです。

お子様の歯の変色の原因ではきちんと磨かれていないというものがあります。

これはきちんと磨いてあげるだけでびっくりするほど白くなり、
定期的にチェックしながら親御さんが磨いてあげると
歯の白さに意識を持ってくれる可能性がありますので大変オススメです。

大人の歯の変色の原因は嗜好品が多く関わっているかと思います。

ワイン、お茶、コーヒーの他、タバコもそうですね。

これらは生活習慣からのものですので、どのようにでも対処は可能なのです。

対処できない歯の変色には、細胞の老化と内服薬の影響によるものがあります。
これは生活習慣とは関係ないものですが、
内服薬の場合、生活習慣からくる持病であれば健康になるような食生活と運動で改善されるかもしれません。

歯の表面が一番大切

ホワイトニングに必要なもの。。。考えたことありますか?
実は、歯の表面が傷ついているとそれができないことがあるのです。
特に知覚過敏症となっている方は絶対にホワイトニングで使う漂白剤は使えません。

知覚過敏症になっている原因としては、
歯の一番上の層となっているエナメル質が剥がれていたり
傷が付いていることで下の層である象牙質に液体などが入り込むことです。
それが染みる原因となっているのです。

将来ホワイトニングをする可能性がある。
というのなら今からでも歯の表面のことを考えてください。

ホワイトニングの効果は永遠ではありません。
何度か行うことになるでしょうからくれぐれも大切に扱うことです。

日本人にあったホワイトニング剤

ホワイトニング剤のほとんどが外国製で、外国製であっても日本人仕様というものもあるようです。

海外の医薬品が気軽に手に入るようになった現在、すべてが日本人に合うかというとそうでもないようです。
でも歯科医院で取り扱っているものはそのへんも考えて歯科医自ら選んで取り寄せをしているようです。

市販のものには日本製のホワイトニング剤も登場しています。

その効果は果たしてどうなのか?
安全性の面から言えば国内産が良いとは言われています。
私が探したものにはラクトフェリンや果物のエキスが入ったものが有りました。
それだと安心して使うことができそうですね。

でも効果の高いホワイトニングを希望するのならやっぱり専門の歯科となると思います。

二世帯住宅の…問題?

子ども部屋も気になりますけど、二世帯住宅もね…!重要事項です。

二世帯住宅

素敵な二世帯住宅を見てきました。二世帯住宅というと、1階に両親、2階に息子夫婦というイメージがありますね。その住宅は、平屋でしたが、棟を分ける部分に、幅広の通路を設けていました。そこから見える緑の芝生。洋風な家でしたが、概観以外に「素晴らしい」と感じたのは、2階建てにしないことで、お年寄りへの配慮が感じられたのです。2階部分というのは、人が住まなくなった時、特に歳をいってからだと、通気をしてあげることも難しくなります。
土地の広さが物をいうのですが。。。

二世帯住宅なら完全独立で気を使わずに

元気なうちは二世帯住宅を建てたとしてもキッチンは一つにしないほうが無難かと思います。玄関だって完全独立にすることでそれぞれの家族のプライバシーを守ることが出来ます。昔だと一つの家に三世代同居が当たり前で孫の世話を祖父母がという感じだったでしょう。理想的なものだと思います。でも今は定年されたご両親もまだまだ若いため定年後にも働いたり、趣味や旅行をしたいと考えている方が多くなっています。付かず離れずという関係がいいでしょうし詮索されないという距離感も大切なのです。

考えたい階段の場所

二世帯住宅の場合、外階段を作るのが一般的なようです。二世帯が暮らしますので、双方のプライベートを守るためとなります。若夫婦だと帰宅が遅いこともあるでしょう。その時、玄関が下に一つ、内階段となると早く寝てしまう老夫婦には騒音に悩まされますし、小言の一つも言いたくなってしまいます。そのため、外階段を作るのです。でもその外階段。玄関の上に作っているケースも有るようですが、あれは見た目によくない気がします。玄関の位置は同じだとしても、下の階の玄関の上にある場合、違和感を感じてしまうのです。

二世帯住宅なら玄関はどうする?

一階と二階。もしも二世帯住宅を作るなら、玄関はどうしたほうが良いと思いますか?まだ結婚してないとすればその時に建てるのなら玄関は2つあったほうが良いと思います。最初から玄関がひとつだとしたら、家に入る女性も、その家の男性も夜中に出入りするのをためらってしまいます。物音でご両親を起こしてしまう。それによってあれこれ言われてしまう。となると、せっかく二世帯住宅を作っても新婚当初は別の場所でとなりそうです。二世帯住宅で玄関を2つ作ればどちらかに人が住まなくなった場合賃貸としても貸し出せます。

配管と寝室の位置

一階がご両親、2階部分が息子夫婦ということは多くあるかと思います。多くの場合、ご両親が高齢であるほど就寝時間は早いもので、若夫婦だと仕事や交際などで帰りが遅いこともしばしばあることでしょう。そこでの問題点としては、階下に騒音とならないかということです。就寝中にその音がすればご両親だって安眠することは出来ません。一番気を使うのが配管の位置。ご両親の寝室近くにそれがあれば、夜遅くから風呂にはいるのもはばかれます。ましてや洗濯機を回そうものなら、水が流れる音と洗濯機の音で家族間でトラブルになることもあります。
二世帯住宅を作るなら、寝室から離れた場所に水場を作ったほうが良い。
かもしれませんね。

二世帯住宅のどちらかを賃貸に

二世帯住宅で、一世帯が不在になった時、室内の開け閉めや管理を考えたら他所様に賃貸として貸してしまったほうが無難です。家は空気の入れ替えが必要ですし、閉めたままにしていると痛みが早くなりかび臭くなるため、状態としてはよくありません。誰も住んでなくてもそのままにしていることで床が抜けてしまったりというのもあるのです。賃貸住宅として提供するなら、物音がしない側に住むといいでしょう。1階だと上に人が住んだ時に足音が気になります。もしお仏壇などが下においてあれば仕方ないのですが、選べるならそうしてください。