子供部屋問題

リフォーム?増築?新築?
子供部屋をどうするか、漠然とですが考え始めました~!

2度めのリフォームまでは誰が住んでいますか?

リフォームを成功させるには、その家に誰が住むか考えることです。お子様が小さいうちだと子供部屋も欲しいでしょう。何人のお子様がいても最低、女の子用、男の子用の部屋は欲しいものです。1件の家でリフォームをする回数は1回から多くても3回になると思いますが、次回のリフォームまでは誰が住むかということを考えて部屋数と大きさを決めると良いと思うのです。もしリフォーム時にお子様が高校生であれば、近い将来巣立ちがあります。

ロフト付きの部屋を作りますか?

ロフト付きの部屋のメリットは空間を最大限に使えるため、狭い部屋でも広く使える点にあります。子供部屋に多く使われるスタイルで、家具にもそのようなものがあります。上はベット、下には机やタンスが有り、階段には収納棚というものです。家具なら取っ払えば普通の四角い部屋になりますが、もし住宅を作る際にロフト付きにした場合、使い勝手はどうなのでしょう?お子様によっては結局使ってくれなかったということもあるようです。また、

離れの存在

離れある程度の敷地があるお宅だと、離れを作ることも多いでしょう。離れを作る理由としては、年老いた両親のために、または、子供部屋として本家とは別に建てるということかもしれません。

離れの存在はいいものです。
理由としては、後に賃貸として貸し出せるということと、結婚したお子様ご家族が住まうことができるということです。
子供部屋としてしつらえた場合、キッチンやトイレ、バスルームはないかもしれません。でも階層によってそれは可能ですし、お子様のご家族が住まわなければ賃貸住宅として貸し出すことが可能です。

屋根裏部屋はどうなのか?

屋根裏部屋がある家の多くは、子供部屋に、収納スペースにと考えて作られています。屋根裏部屋の高さはそれほど無いため、成長段階の子どもたちには最適で、昇り降りも楽しく、秘密部屋のようで楽しいものです。また、子供がいないおたくでは、趣味のアイテムをしまっておくスペースとして活用されます。または普段使わないものや、季節ものの物置として使われます。若い頃はそこへの出入りも頻繁でしょう。しかし、年をとった時、そこへの昇り降りは

作ってあげたい「主の部屋」

子供が小さなうちはお父さんもお部屋がなくても我慢します。好きな趣味だって一時的にストップしますし、諦めます。子供が大きくなるまでの辛抱だと。もしお子様が大きくなり巣立たれたのなら、これからでも遅くありませんので、主の城を作ってみてはどうでしょう?趣味の音楽も可能、パソコンだって家族に邪魔されずに好きに見れる、趣味ではじめたことを書斎にコレクションする。一家の主なのに家に帰りたくない。居場所がないと思っている